転職応援情報

 

since 2006/05/11
   

 転職応援情報

 転職情報を探す
 正社員
 派遣社員
 アルバイト
 女性高収入バイト

 IT・エンジニア
 医療・介護・福祉
 新卒、学生
 その他

 地域

 転職の知識
 転職で収入を増やす
 転職先探しのコツ
 履歴書の書き方
 転職先を決めてから退職する
 退職する時に
 転職の手続き
 (持ち出せるものだめなもの)
 
 転職あれこれ
 人材紹介って何で無料なの
 
 
 
 
 サイト情報
 サイトマップ
 リンク集
 リンクについて
 広告について
 運営
 免責


転職先を探すコツ



求人情報サイトを利用

 少し前までであれば、求人情報誌を買ってきて探すと言うところだったのでしょうが、現在では非常に多くの求人情報サイトが出来ており、またその情報量も非常に多くなってきています。

 単に求人情報誌が求人情報サイトに置き換わったと言う事ではなく、求人情報サイトにあなたの希望する条件を登録したり、条件を指定して検索したり、また複数の求人情報サイトに登録する事で非常に効率良く、企業の情報を手に入れることが出来ます。

 求人情報サイトの利用の流れとしては、サイトに登録。
 求人を検索。
 気に入った企業が見付かれば応募
 試験などを経てめでたく採用 (若しくは 次を探す)

 と言う事になります。

 自分の好きなペースで、自分の好きな企業に応募出来るので、取り敢えず良い企業があれば転職したいと言う時などに向いています。



人材紹介会社を利用

 人材紹介会社の場合は、求人情報サイトであなたが1社1社探して自分で応募するなどと言う手間は掛かりません。
 転職希望者と求人企業との間に仲介として人材紹介会社の担当者が入ってくれます。
 あなたの希望や条件に合った企業を探して紹介、その中からあなたが選んだ企業に推薦してくれ、場合によっては年収などの交渉も行ってくれます。
 他にもあなたの転職に関する相談などにのってくれたりとかなり至れり尽くせりです。
 人材紹介会社は企業から報酬を得るので、ふつうあなたが費用を払う必要は無く無料で利用出来ます。

 ただ、紹介企業は、あなたの希望その他を判断する担当者などによりかわってくる事も少なくなく、また、人材紹介会社により紹介できる企業も変わってきます。
 ですから自分によりあった会社を早く見つけるには、複数の人材紹介会社に登録しておいた方が良いでしょう。
 もちろん、紹介された会社は自分で選ぶことが出来ますから、断るのも自由です。
 ですから選択肢は増えても負担が増える訳ではないので、実際多くの転職希望者は複数社の人材紹介会社に登録するのが一般的な様です。

 より具体的に転職を考えている時は、求人情報サイトよりも断然便利でしょう。



スカウトを利用

 求人情報サイトは、企業が登録して人材を募集、転職希望者のあなたがそれに応募すると言う形なのですが、この逆パターンがスカウトです。
 転職希望者のあなたが匿名で条件を登録して、企業がそれを見てあなたにスカウトの声を掛けるというものです。
 専門的な技能などを活かすのに有利かもしれません。





 




 
免責 運営
(c)2006 KeyLa, All rights reserved